10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
Mobile
qrcode
Links
Others

其の参

お付き合い頂き
ありがとうございます。
これにて移動アジト譚は終わります。

名前が分からない21時頃


川を渡っている時に
何を考えているのか。

今突風が吹いたら、
DOPPELGANGER共々 川に落ちるだろうか。

と 想像しているうちに
だいたい橋を渡り終わります。


”そんな訳無いじゃない”




脊椎を藍色に塗り潰して、
水面から顔を出すことができずに
息が出来ない。

”そんな訳無いじゃない”

そう。
本当は水の中の生き物だから
息なんてしなくていいんだ。


夜だけ生きてる。

だから朝には、泣けるほど感謝してる。











| nell | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

其の弐


なか川午前8時過ぎ。

あの細い橋(?)が魅力的。

さてこちらはおまけ
コシカワ午前8時頃。

焼き芋の移動販売員を募集しています。
なんと。






江戸川午後21時 頃。
| nell | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

其の壱

江戸川午前8時頃。

定点観測とは、星座の観察によく使われる言葉ですね。
私の場合は自転車の上が”定点”となりそうです。

大雨の時には沈む土地。
子どもの時は堤防って全然理解できなかった。



多分坂川、午後8時過ぎ。
この立体が好き。
| nell | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

はじめに(?)

こんばんは。

最近自転車を買いました。

ずっと欲しかったのですが、
期待していた以上の爽快感です。

残業しようがしまいが、

絶対座って帰れるんです。

という訳で、

今期のスタッフ日記当番は

DOPPELGANGDR氏と行く定点観測

川篇、いきます。明日から。。。


川を2本もまたぐんですがね、

これがまたいいんですよ。


| nell | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

コラム的な


こんばんは、
5/15からblack homeを書かせて頂いています、nellと申します。

今回は夢を題材にした文章という事で、
この日記にも

少し夢について触れてみたいと思います。

軽いハナシですが、

もしも、いつもと違った夢を見てみたい方。

以下を参考にしていただけたら。

まずは悪い夢の見方
(※日常が平和すぎて、
  夢の中でストレスを感じるぐらいが丁度いいというMな方向け)

寝る前に、
・深酒する
・喫煙する
・辛い物を食べる
・冷たい壁に足の裏をつけて眠る
・etc...


次に、いい夢の見方
寝る一時間前から、
・テレビ、携帯、パソコンは見ない
・肌触りのいい寝間着を着る
・好きな香りを嗅ぐ

・好きな音楽を聴きながら寝る




さて、お気づきの方ももちろんいらっしゃると思うのですが、
要するに身体に与えた影響が、夢に、ひいては意識に
反映されるだけです。

夢の中に出て来る恋人や、
憧れの人や、
嫌いな人、憎い人などは

自分の中の、“そのような人の側面”を反映しているに過ぎません。


・・・というのは、最近私が自分に言い聞かせていることですので、
必ずしもそうだと信じないでください。。。。。


現実では手の届かない人が夢に出て来たときに、
勘違いしないために。


それは「私の」意識の中で起きたことなのだと。





さて。

ところで




例え話ですが



プリンが大好きなそこのあなた。

コンビニやスーパーで買ってしまうと思うのですが、
プリンが大好きなそこのあなた、

一度くらいは思うでしょう、

プリンの海で泳ぎたいと・・・!!


分かりますよ。


何を言いたいかというと、
日常でちょっとしか見え隠れしない素敵な瞬間に

溺れる事が許されるのが夢なんだと思うんです。


両手に収まる小さなプリンを食べながら、
雄大なプリンの海にダイブする。



もう夢のハナシじゃなくてもいいや。笑


想像力とユーモアで、

素敵な日々を^^



 
| nell | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

ワープ。


ここ数日、慣れないことに手を出していました。
慣れない ながらも憧れでは在った世界へ
片足から順序よく突っ込もうとしたところ、
全身穴の中でした。。。いや、例えが全然良くなくてすみません。

何にしても、敬う世界にはきちんと、
三つ指をつくところから始めないと、
習得したいことも習得できない、ということがわかりました。


さて、その穴の中、に、一筋の光が指したのは

「専門職の人」の登場によるものでした。

冒頭の、ここ数日、の中で、
一番生きてる心地がした。。。な。。。

例えるなら、初めての海外旅行から帰国して、
「日本語だ・・・」と感動するシーンですよ。



専門職の人が使うのは専門用語ではなく、
「気」でした。

気の使い方に
頭が下がる。。。

よく、其の道に秀でた人は謙虚だという話はありますが、
こんなに身にしみたのは

日記にしたいほどです。



 
| nell | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |

耳離れ情報


こんばんは。
エイプリルフール、楽しかったですね。

みなさんはどんな嘘をつきましたか?

私は、皆がどんな嘘をついたのか、聞いて回ってました。




さて、今から話すことは嘘ではないのですが、
信じるか信じないかは貴方次第。


季節が春めいて来たと同時に、今年も漏れなく花粉症が勃発しました。


コンタックを飲んだり葛根湯を飲んだりして
口の中の水分まで減少させながら何とかやり過ごして来たのですが。。。


3月の中旬頃から町中に香り始める沈丁花の群れに
毎晩顔を埋めて深呼吸しているうちに

なんと花粉症が治りました。。。。。


みなさんもやってみてください。

ただし暗闇に限ります。




 
| nell | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

t i g e r .

前回はわりと左脳寄りの秀逸サイトのご紹介だったので、
今度は右脳?の方で、私のスタッフ日記週を締めさせていただきます。

これまたn o b o d y h e r e同様、2台前のパソコンから、
お気に入り「me」フォルダーに入ってます。

tigermagazineてご存知ですか?

http://www.tigermagazine.org/

スクリーンマガジンなので、途中で微妙に動くページとかもあるんですよね。
おすすめは、クリックでどんどんページを高速で送っていく速読・・・速見?

タタタタタタタッて送っていって、
それでも脳裏に引っかかったページをじっくり見直すんです。
あれ?
自分なんで2度見したのかな?っていう分析をするんです。

(※その分析の際に使う言語は、前出のn o b o d y h e r e調だと好ましい)

“ あれ? ”
“ サエてる! ”
“ 何の話だっけ? ”



tigermagazine、下の方へ行くとbackissuesが観れますのでね。


うーん秀逸。・・・というか、贅沢、というべきですか。


 


 
| nell | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

n o b o d y h e r e .

いかようなご批判をも甘んじて受けます。
いたっ:ペン!


という言葉で始まる秀逸なサイト n o b o d y h e r e 。
私が「インターネット」と出会った頃に、何らかのきっかけで知りました。

(2台前のパソコンから、お気に入り「me」フォルダーに入ってます)
(ほんとに何で知ったんだっけな)

http://www.nobodyhere.com/japan/me.here


インタラクティブアートとでも言うのでしょうか?
私には公のカテゴリーが分からないのですが、
ハマる人はハマると思います。ぐるぐると。

※以降、ネタバレ注意。

様々な迷路(?)をくぐり抜けていく中、
私が(今のところ)一番好きなページが、

クリックでハート形のラムネ(?)をひたすら砕いていく項。
クリックで砕く砕く、砕くほどに、
♥の破片は文字めいた残骸に飛び散っているんですね。

“ I  BREAK 
  MY  HEART
  AS  A
   PRECAUTION ” 

(まえもって はーとを こわしておくよ)



​・・・・・・秀逸!!




 
| nell | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

今晩は、

星の王子様に出て来る、羊が入っている箱について考えています。

科学と仮想は全然違うもので、前者は数値化でき、後者はできない。。。

科学の発達は数値化できたことに寄る、と最近読んでいる本に出ていたのですが、

冒頭に書いた箱は、数学でいうところのXの概念にちょっとだけ似ているなと。

ただし、Xに入るのは数字だけ。数字だけだけど無限。

箱に入るのは羊。僕の欲しかった羊。

描かれていない、けど、誰もが想像できるもの、

僕の欲しかった羊。

改めて素晴らしい物語だと思う。



 
| nell | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |