08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
Mobile
qrcode
Links
Others

第十九回文学フリマ参戦!

ご無沙汰しております、WEB文芸誌「窓辺」編集長の笠原です。

お知らせが遅くなりましたが、
明日、11月24日(月休)に開催される第十九回文学フリマに、
文芸誌「窓辺」として参加致します。

今回は新刊をご用意致しております!

文芸誌「窓辺」第四号〜週間天気予報〜 500円

テーマは「週間天気予報」
架空の天気予報をもとに、一人一日を割り振り、
七名の作家で一週間の物語を綴りました。

目次
 一日目 雨        雨止話―あめやみのはなし― 胡子
 二日目 曇りのち雨    真凪と灰色の町 猫春雨
 三日目 薄曇りのち晴れ  透明な情事 椎名小夜子
 四日目 晴れときどき曇り 十一月尽 平野智志
 五日目 晴れ         カメラ、カメラ、カメラ! ♡A
 六日目 快晴         君から電話が来たよ 笠原小百合
 七日目 曇り       気分が晴れない 伊藤佑弥 


全90頁、すべて短編小説でお送り致します。
あなたのお気に入りの「天気」はどんな物語でしょうか?


第十九回文学フリマは、明日、11月24日(月休)に流通センターにて。
11:00〜17:00開催です!
詳細は公式サイトをご覧下さい。→文学フリマ公式サイト

文芸誌「窓辺」のブースは1階の【C-72】となっております。
どうぞ遊びにいらして下さい!

第二号、第三号もご用意しております。
また、文学フリマガイドブック第6号に掲載された
平野智志の個人誌『豆本』も頒布致しますので、こちらもお見逃しなく☆
| 笠原小百合 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

世界最高峰、その頂へ

先日のブックカフェで、突然の競馬トークをしてしまいました。
編集長の笠原小百合です。

「あなたにとってクリスマスに代わるものは?」

といったような問いに、

「競馬の有馬記念」

と、色々考えた結果、答えてしまっていました。
一般人にはこれでは何がなんだか伝わらないですよね……反省です。

此の件について語ると長くなるので、有馬記念の話はこのくらいにして。
しかし、担当週最後のスタッフ日記は、やはり競馬の話題で〆たいと思います。


今晩、23時半頃より、フランスはロンシャン競馬場にて、
世界最高峰と言われるレース、凱旋門賞が開催されます。

今年はそのレースに日本の馬が三頭も出走します。

ジャスタウェイ
ゴールドシップ
ハープスター

それぞれ個性的な競走馬たちで、どれか一頭は優勝出来るのでは? と。
日本の競馬ファンのみならず、世界の競馬ファンが注目しているレースです。

恐らく地上波でも放送されると思います。
もしお時間がありましたら、応援を宜しくお願い致します。
競走馬の美しい走りを、あなたにもぜひ感じて欲しいです。

世界の大レースに出走出来るくらい、活躍するということ。
日本に何万といる競走馬の中から、選ばれしこの三頭が。
どんなレースを魅せてくれるのか、とても楽しみです。


でもまあ、よくよく考えてみれば。
馬が、ちゃんと「これから凱旋門賞走るんだ!絶対勝つ!」なんて、
思っているとは、あんまり思えないのです、わたしは。
だからもうここまで来ると、競走馬自体の走りというよりは、
その周囲の関係者たちの頑張りや努力の方が、胸を打ちます。

騎手、調教師、馬主、厩務員、などなど。
周りが頑張ってくれたから、その馬も輝く一瞬を、チャンスを迎えることが出来る。

わたしは実は、窓辺もそうでありたいと思っています。
執筆陣の皆様は、ここで言うところの競走馬ですね。
どんなに素質の良い馬でも、調教や環境が良くなければ、結果はなかなか出ないもの。
そこで、編集長のわたしが、環境を整えたり指摘をしたりして、
いつかは世界最高峰の頂へ……!
とまではいかなくとも、誰かの心に届くような、そんな場所を、読者との関係を作りたい。

あくまで理想論でしかないですが、そうでありたい、と。
少なくともわたしは、そう思っております。
そのためなら、全身全霊を賭けてもいい、と。
最近はそう思うことの方が多くて。
自分の作品を書くという作家魂より、編集者としての血が騒ぐのかもしれません。

こんな想いで運営をしていくつもりの窓辺です。
作家さんも募集をそろそろしようかと思っております。
共感して下さる方がいましたら、御協力をお願い致します。

それでは。
今晩、23時半過ぎにTwitterにて、狂喜乱舞しているわたしが居ますように。
| 笠原小百合 | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

今後のこととか

昨晩、出展していたセルフポートレート展が終了しました。

これで、一区切り。

写真も小説も頑張るって決めて、
ようやく動き出せそうになってきた。
準備期間が長かったけれども、
そろそろ目に見えるコトを実行出来そうです。

これからしなければいけないこと、沢山あります。
勉強はもっともっとし続けたいし、
同時に窓辺の運営や創作活動もしていきたい。
もっと窓辺を盛り上げる為に、色々イベント等、考えたりもしています。

わたし一人の力では微力すぎて。
なんにも出来ないかもしれない。
だけど、窓辺の執筆陣のみなさんや友人たちのおかげで、
なんとか今までやってこれたから。
今度は、これからは、きちんとそれを返していきたい。
微力でも、何かみなさんの力になりたい。
そのためにすべきことも、ようやく見えてきたかな? といった感じです。

今後も無理はしない程度に突っ走りますので。
でも、一人じゃ出来ないことは多いので。
時折で良いので、手を貸して頂けたら嬉しいです。
執筆陣も、読者の方も、友人たちも。

さあ、ここで終わるわけにはいかないので、今日も元気に頑張ります!
| 笠原小百合 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラジオを聞きながら

こんばんは、笠原小百合です。

今日は展示をしている千駄木のカフェギャラリー幻にちょこっと在廊して、
お友達と新宿へ行って素敵な展示を拝見して、
タワレコで好きなバンドのコメントを拝見して、
ハンズで新しい手帳を買いました。

手帳はEDiTを選びました。
サイズはA5かな。
今年一年、小さいサイズを予備手帳として使っていたのですが、
なかなか使い勝手がよく、時間で動きたいわたしにはぴったりで。
来年からはメインの手帳として、使うことに決めました。

もう来年の話だなんて、と思われそうですが、
新宿の東急ハンズの手帳売り場はすごい人が沢山いました。
みなさん、手帳ははやめに準備するのですかねえ。
ちなみにわたしは来年の予定が決まってしまったので、
必要に迫られて、といった感じで購入しました。

しかし、来年のこととか、先のこととか、
自分の状況がどうなるかわからないのに、
こんなに決めてしまっていいのかな、とか。
そんな余計なことも考えてしまうわけで。

手帳を買うという行為は、未来を信頼しているってことなのだな、と。
なんだかそんなことをふと思った、新宿東急ハンズの手帳売り場でした。

そして今、全く関係ないですが、ラジオを聞いています。
久し振りのオールナイトニッポンは、騎手の武豊さんがメインパーソナリティー。
武さんのお話にツッコミを入れつつ、作業しつつ、ブログ書いてます。
競馬ブログも更新しなくてはな……

あれもこれも、とすべきことは沢山ですが、
楽しんで、必死になって、苦しくても逃げないで、頑張りたいなあ、と思います。
武さんのお話は、勉強になりますね。

というわけで、本日は支離滅裂なスタッフ日記でした。
失礼致しました。
| 笠原小百合 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

行きつけのカフェギャラリーにて

大好きなカフェギャラリー幻さんにて。
いつものカウンター席でカタカタPCをいじっております。

現在、セルフポートレート展の真っ最中で、
わたしもちゃっかり作品を展示させて頂いております。
0311という名前の夫婦のユニットで、展示しています。
土曜日までですので、もし宜しければ遊びにいらして下さい。
本当に、多種多様なセルフ写真を見ることが出来て、面白いですよ!

先ほど、Twitterでとあるニュースを知って。
ショックを通り越して、涙すら出ないくらい落ち込んでおります。
顔がね、無表情な気がします。
無理に笑っているから引きつっている気がします。
負のニュースに引きずり込まれやすいのは昔からですが、
今回ばっかりは、本当にキツイ。

でも、これからお友達が来てくれるので、元気でいようと思います。
つらいなんて、言っていられない。
つらいのは、わたしじゃないもの。
想いを重ね過ぎるのは、悪い癖ですね。

とにかく。
わたしが展示している夫婦のセルフポートレート作品は、
本当に、色々な方に見て頂きたい作品なのです。

いつかいなくなるかもしれない、いや、いなくなるであろう、あなたへ。
ユートピアとディストピアは、紙一重ですね。
| 笠原小百合 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

行きつけの喫茶店にて

こんにちは、窓辺編集長の笠原小百合です。
現在、行きつけの喫茶店にて、作業中です。

ここ一ヶ月半くらい、朝5時起きの生活を続けています。
バイトのシフトが変わったからなのですが、
昼間時間が取れてラッキー!と最初は思っていましたが、
やっぱり昼間は眠くなってしまうことが多く、気付いたら夕方だったりした日もあります。

それはなんともったいないことか!
と、持ち前のもったいない精神で導き出したのが、
眠ることの出来ない場所で作業をするという、ごく普通の発想でした。
おかげさまで、今のところ昼間に眠ってしまう確率はかなり低いです。

行きつけの喫茶店は、ジャズの流れる店内で落ち着いた雰囲気。
近所のコーヒー系チェーン店はうるさくて発狂しそうになるけれども、
ここなら安心して作業が出来ます。
Wi-Fiも使えるし、とても快適に作業や執筆が捗ります。

環境って大事だなあ、としみじみ思ってしまいますね。
美味しい珈琲を飲みながら、あれこれ考えたり本を読んだりする時間は、
これからも大切にしていきたいものです。
| 笠原小百合 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

来ないで台風くやしいな

わたしがはじめて好きになったアイドルは森高千里さんでした。
そんな彼女の曲のひとつである「台風」が、
まさに今のわたしの心境そのものであります……。

実は、明日から九州は博多&小倉へ旅行に行くのですが、
皆様ご存知の通り、週末は台風直撃コースっぽくて。

新幹線止まったらどうしよう、とか。
着いても目的のイベントが開催されなかったらどうしよう、とか。
そんな心配事が先ほどから脳裏をよぎってばかりいます。

あ、目的のイベントというのは、
まあ想定通りでしょうけれども、競馬で御座います。

競馬狂のわたしも未だ行ったことのない、小倉競馬場へ。

そんな、楽しいわくわくの旅行、になるはずでした。
それが、この台風で台無しになりそうなのです。
これは本当にくやしい。

というわけで、月曜日まで旅行、のはずですので、
わたしの担当は今回で終わりになります。
お付き合い頂きありがとうございました!

そして、皆様、台風の進路が少しでもズレるように、
日曜日の小倉競馬が開催されるように、
どうか一緒に祈っていて下さると嬉しいです。
| 笠原小百合 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

奥多摩の魅力

Twitterのプロフィールに、登山好きと書いているくせに、
去年は一度も登山に行けなかったので、
今年こそはと、せっせと山登りをしております。

先週も登ってきて、今日もまた登ってきました。
どちらも奥多摩方面。
奥多摩は緑がいっぱいというか、山、山、山、な感じ。
比較的楽に登れる山がたくさんあるので、最近お気に入りです。
都心からのアクセスも良いですしね。

今日は、川苔山に登ってきました。
山頂は標高1364メートルとちょっと高め。
とても見晴らしが良く、涼しかったです。

奥多摩は東京にありながら、自然と触れ合える貴重な場所。
時には木漏れ日降り注ぐ山を悠々と歩きながら。
時には横の草むらから聞こえる蝉の羽音に怯えながら。
時には大きな滝でマイナスイオンを全身に浴びながら。
そうやって、自然と近づくことが出来るのが、奥多摩の魅力だと思います。

それから。
気軽に行けて、本格的な登山から初心者向けのハイキングまで幅広く楽しめる。
これも、魅力のひとつでしょうね。

まだまだ登っていない山がたくさんあるので、
これからも奥多摩通いしたいと思います。
そしていつかは、奥多摩最高峰である雲取山へ……!
その日のためにも、日頃からきちんと体力づくりをしておきたいです。
| 笠原小百合 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

猫を膝に乗せて

今日は一日、作業DAYでした。
猫を膝に乗せて。

猫の体温って39度らしいんですが、
その39度の毛むくじゃらの塊が、
わたしの膝の上でぬくぬくとしていると、
この真夏に、さすがにこれはキツイ。
もう、とても暑くて、
エアコンさんに全力を尽くして頂きました。

大丈夫、設定温度は高めの28度です!

しかしそうなると、ますますお猫様は気持ちよさそうに、
わたしの膝の上ですごい格好をしながら眠り続けます。
涼しくなったことで、人肌の温度が心地良いのかもしれません。

エアコン、逆効果。

それでも可愛い可愛いわたしのお猫様には、
決して逆らうことなど出来るわけもなく。
どいて欲しくても、トイレに行きたくても、我慢しました。
慣れればこの39度の温もりも、愛しく感じられるものです。

そうして作業の一旦休憩間近。
部屋に響いたのは、夏休み中の夫がお猫様の餌入れに餌を入れる音。

猛ダッシュで、夫に(餌に)駆け寄るお猫様。

ああ、猫ってそういう生き物だよね……。
と、なんだか切ない想いをしたのが、本日のダイジェストです。
| 笠原小百合 | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

リブロ池袋本店「夏の古本まつり」

今日は池袋散策へ。
目的は、リブロ池袋本店で絶賛開催中の「夏の古本まつり」と、
それから、北口にある日光天然氷のかき氷を食べに。

「古本まつり」は、会場はまさに宝の山!
本、本、本、あと古いポスターやグッズで埋め尽くされた空間は、
そこに居るだけで楽しくてワクワクしてくる。

普段では手に入らないような本もたくさん!
今回は、前回よりも美術系の本が多かった印象。
植田正治の写真集欲しかったけど、
かなり高額だったので泣く泣く諦めました……。

あとは、漱石の評論本や資料本がずらーっとある棚を見て、
あー、平野さんはこういうの好きそう、とか。
孔子とかの本を見つけては、椎名さん思い出したりとか。
執筆陣のみんなの好みがわかってきたので、
色々リンクして考えながら会場を巡ることが出来て楽しかった!

結局、わたしは計3冊の本をゲットしました。
何を買ったかはヒミツ。

池袋まで出れる人は是非、行ってみて欲しいです。
掘り出し物に出会えるかも?
(わたしは出会えました!)

最終日は、6日(水)午後6時までなので、時間に注意☆

それから、日光天然氷のふわっふわのかき氷食べて、
しあわせ気分で帰宅しましたとさ。

かき氷は有名店で、テレビ等で紹介されたせいもあり、
整理券貰って1時間待ちしました。
でも食べるのは一瞬で終わりました(笑)
氷だからね、溶けちゃうからね。

でも、本当に美味しかったです。
「しんじろう」っていう池袋北口にあるお店なので、
気になる人はチェックしてみて下さいね。
| 笠原小百合 | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |